【注目】最新型天井固定の走行リフトを使いこなす(『移乗関連』(リショーネ、移乗リフトなど))- 2018-11-16

2018年10月下旬に施工完了したErgolet Luna(エルゴレット ルナ、デンマーク Winncare Nordic社)をご紹介します。当施設では2013年から固定ではなく移動型リフトを使用してきた中、もっと移乗方法をあか抜けさせ簡単で楽な介助に発展させる方針を決定。プロジェクトメンバーで検討した結果、操作性抜群の天井固定型のリフトを導入するため、8月から準備をしてきました。

プロポーサル式入札で数社から提案を受けた中で、圧倒的な支持で選ばれたのがErgolet Lunaです。居室環境(電気、カーテン、収納など)は現状維持のままレールを設置することができるとともに、ハンガーからシートが外れないようロックがかかる安全性、プライバシーカーテンはそのままに使用できるという配慮がありながら全体のデザイン性も高いことが決め手となりました。介護する側だけでなく介護される側にもメリット高いことが大変重要です。

現在スタッフのトレーニング中ですが、いままでリフトを使ってきた感覚があるため、初回とは思えない手際の良さで頼もしい限り。やりながら「これはすごい、スムースだね!」「今までより動きがスマート!かっこいい!」という感嘆の声を上げながら本格運用の26日に備えています。
ご興味ある方は、ぜひ見学に来て乗ってみてくださいね。

4人部屋 × 3居室 の12名分です。両側でリフトを使っている様子がスマートです。なにかのアトラクションのようにも見えます。人の手でよいしょ!と力を使うことが無いため、気持ちにもゆとりが出るようです。その分リフトに乗るのが「楽しい」と感じて頂けるよう声掛けしつつ無駄のないオペレーションに変えていきます。

女性スタッフも難なく移乗。初回とは思えない手際です。それだけ操作性が高いと言えます。 先日の家族懇親会でも披露。みなさま大変感激され、好感度高いことが分かりました。 9月デンマークで介護施設を視察した時にも同じものが使われており「これが海光園に入るんだね~」と楽しみに待っていました☆(視察と製品決定は関係ありません)