新しいチェア(その2)(『その他オプション系』)- 2018-07-24

デイサービス、短期入所(2月)に続いて、残りの特養、ケアハウスのチェアを入替えしました。約20年間お年寄りの杖となって働いてくれた椅子たちの世代交代です。写真は3階用(13脚)の椅子。あえて現在のインテリアとのバランスを考え、水色、橙色、紫色の3色。フレームは天然木の優しい手触り、張地は特注です。布地に見えますが、消毒液にも耐えられるビニールレザー。常に清潔な状態で使うことが出来ます。

こちらは、1階と4階 それぞれ6脚づつ(合計12脚)。思い切って白地を選んでいますが、これもビニールレザー。最近の素材はとても高性能でビックリしちゃいます。
椅子はとても身体を支えてくれる身近な存在です。使う人にとって心地よく便利で快適な時間を提供してくれる重要な存在。仲間の一員として、大事に使っていこうと思います。

ケアハウス(15脚)ピンクベージュのような品のある色合いです。入居者の皆さまからも「椅子を引くときに音がしない!」「軽くなっていいわ!」と大好評です♪ 思い切って選んだ紫色は、高貴な色。高齢の方にとても似合う色でもあります。 橙色。元気なビタミンカラーは気持ちも明るくなります。