国際大会出場報告<3~4月>(2018-05-07 17:39:26)

<4月>
4/24~29にカナダ・モントリオールで開催された「BISFed 2018 Montreal Boccia World Open」に出場し、団体戦:Team BC1-2おいて金メダルを獲得しました。

先に行われた個人戦では、BC2クラスは24名が出場、6つのプールに分かれて予選ラウンドが行われ、世界ランク8位で第3シードの杉村選手は、イスラエル、香港、ベルギーの選手と対戦しました。予選を3戦3勝して決勝ラウンドに進みましたが、準々決勝(ベスト8)で香港の選手に最終エンドで逆転されて3-4で敗れました。

団体戦(Team BC1-2)には9ヶ国が出場し、2つのプールに分かれて予選ラウンドが行われました。世界ランク2位で第1シードの日本は、コロンビア、イスラエル、ロシア、韓国と対戦し、韓国に惜敗したものの3勝1敗で危なげなく決勝ラウンド(ベスト4)に進出しました。
準決勝の香港には終始圧倒し勝ち進み、世界ランク3位のブラジルとの決勝となった試合でも、相手のエースを封じる戦術も機能して、第1エンドに4点を先取するなど、安定した強さを魅せつけてワールドオープン通算4度目の優勝を果たしました。

杉村選手コメント
合宿続きの遠征や長時間フライトなどタイトなスケジュールでしたが、8月に英国・リバプールで開催される世界選手権を見据えた前哨戦として、有意義な大会となりました。得た成果と課題をしっかりと次に繋げていけるように取り組んでいきたいと思います。


|BISFed 2018 Montreal Boccia World Open リザルト|

■Individual BC2 - Hidetaka Sugimura (世界ランク 8位)

予選ラウンド Pool C
第1試合      Idan Gal Weich (ISR)(世界ランク 82位)       勝 14-0
第2試合      John Loung (HKG)(世界ランク 30位)       勝 10-3
第3試合      Francis Rombouts (BEL)(世界ランク 19位)   勝 8-0

決勝ラウンド
準々決勝  Hiu Lam Yeung (HKG)(世界ランク 15位)      負 3-4

結果:ベスト8(第6位)


■Team BC1-2 - Japan (世界ランク 2位)

予選ラウンドPool A
第1試合  Colombia (世界ランク 18位)  勝 8-1
第2試合  Israel (世界ランク 17位)    勝 14-2
第3試合  Russia (世界ランク 13位)   勝 10-2
第4試合  South Korea (世界ランク 8位) 負 3-7

決勝ラウンド
準決勝  Hong Kong (世界ランク 14位)  勝 13-3
決勝    Brazil (世界ランク3位)       勝 9-3

結果:優勝

<3月>
日本国内で初めて国際ボッチャ競技連盟(BISFed) 公認の国際大会「BISFed 2018 ISE Boccia Regional Open」が3/15~22に三重県伊勢市で開催されました。

杉村選手は火ノ玉JAPANの一員として個人戦と団体戦に出場し、自国開催のプレッシャーをはねのけて、見事個人(BC2)と団体(Team BC1-2)の両カテゴリで金メダルを獲得しました。

個人戦では、予選ラウンドを順当に勝ち上がり、決勝ラウンドの準決勝では昨年の国際⼤会で敗れているマレーシアの選⼿にリベンジを果たして、決勝に駒を進めました。決勝では北京パラリンピック⾦メダリストの⾹港の⼥性選⼿と対戦し、タイブレークにまでもつれた接戦を制して勝利を収めました。
団体戦には、⽇本、⾹港、マレーシアが出場し、3カ国による総当たり戦を日本が制しました。

杉村選手コメント
今大会は結果はもちろんのこと、自国開催というこれまでに経験のない環境の中で試合(シュミレーション)ができたことは、2020年東京パラリンピックに向けて⼤きな収穫となりました。


|BISFed 2018 Ise Boccia Regional Open リザルト|

■Individual BC2 - Hidetaka Sugimura (世界ランク 8位)

予選ラウンド Pool A
第1試合      Ebisawa,Fumiko (JPN)(世界ランク 55位)               勝 7-1
第2試合      Morriss,Jeremy (NZL)(世界ランク -位)              勝 11-2
第3試合      Loung,John (HKG)(世界ランク 30位)               勝 11-0
第4試合      Kwok,Hoi Ying Karen (HKG)(世界ランク 21位)          勝 7-0

決勝ラウンド
準決勝  MOHD NOH,MOHAMMAD SYAFIQ BIN (MAS)(世界ランク 45位)   勝 7-1
決勝      Kwok,Hoi Ying Karen (HKG)(世界ランク 21位)            勝 ○3-3(タイブレーク)

結果:優勝


■Team BC1-2 - Japan (世界ランク 2位)

ラウンドロビン
第1試合    Malaysia (世界ランク20位)     勝 12-1
第2試合    Hong Kong (世界ランク 14位)     勝 9-5

結果:優勝