福こがし


詳細情報

商品名福こがし
特徴・こだわりスペインのアンダルシア地方にポルボロンという伝統菓子があります。小麦粉を煎って作る焼き菓子で、口に頬張り「ポルボロン」と三回唱えると、幸福が訪れるというお菓子です。これを熱海の来宮神社に縁のある麦こがしをふんだんに使い、熱海風にアレンジしました。
エピソード熱海の来宮神社の門前にあたる当店では、来宮神社に縁の深い麦こがしを使用したお菓子の開発に取り組んできました。7月の例大祭は別名こがし祭りといい、猿田彦に扮した天狗がこがしを巻きながら御神幸を斎行します。麦こがしは食べた人が無病息災になると言い伝わる、大変縁起の良い食材となっています。
原材料・産地麦こがし、バター、砂糖、アーモンド
事業所名菓子の木
(クリックすると事業所情報が確認できます)